事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

【GAP006】「期間の変更」を使いこなす

できる100ワザ Google Analytics 増補改訂版 SEO&SEMを強化する新・アクセス解析術』の100ワザを実践してみる「Google Analytics Practice(GAP)」。006で、ワザ6——「期間の変更」を使いこなす——を実践します。

Google Analyticsアクセス解析の期間は大事な要素。ある程度ページビューがあるWebサイトやブログでは、1カ月を1つの期間に区切り、総ページビューや毎日の変化を把握します。ここでの解析は「健康診断」のようなもの。ページビューは水物で、外部サイトに掲載されたリンクからの流入やユーザーの支持を広く集める質の高いコンテンツなどによって、平均の閾値を大きく上下することがあります。

そんなときは、それが起こった日の前後3日間を期間に設定し、その原因を突き止め、PDCAを回してサイトやブログの最適化をしていくといったことが、アクセス解析の真価につながります。期間の粒度を自由に広げたり狭めたりすることで、思わぬ発見につながることもあるかもしれません。

  • 「マイレポート」→「任意の期間を設定」

広告を非表示にする