事業会社マーケターの散歩道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

旧友との語らいが教えてくれたもの

日々を記す

5739890213_12efaa2b54

2011年5月20日(金)。飲んだ後でもブログを書こうと思えるようになっており、「継続と習慣化」に一歩近づいたと思っております。

本日は日本橋にて大学時代にインターンシップで出会った旧友と飲みました。4人中2人が関西で働いていたのですが、その内1人が2011年5月から東京に来ることになったため、久しぶりに集まろうということになりました。

思い返せば1Dayのインターンシップでチームもバラバラだったのに、社会人になってもまだ定期的に集まっているのは何らかの縁以外の何物でもありません。私以外はみんなめでたく結婚しており、「取り残されたな」感は否めませんが、それを差し引いてもずっと付き合っていきたいと思える旧友達です。

話題の中心になったのは、今後のキャリアについて。各々がそれぞれの職場でプロフェッショナルとしての経験を積みながら、これからどのようなキャリアを歩んでいくべきかについて、大いに語り合いました。大手企業にいるから安泰は間違い、「てっぺん」を超えてまで働き続ける環境が永続することは是なのか、専門性を極めることが今後のキャリアにどう影響を及ぼすのか……。まったく異なる業界に属しているからこそ異なる志向があり、話題がついえることはありませんでした。

いずれにせよ、自分が、そして自分を取り巻く人が幸せになる働き方を追求したいものです。私自身は仕事一本で生きるというよりは、生活とのバランスを取りたいタイプ。緩急があってこそ、仕事も生活もハリが生まれると考えています。旧友と言葉を交わしていく中で、自分の中で譲れない思いやこだわりが、改めて明らかになってきました。大切だと思うものを守り、人の真似をしたり比較をしたりすることなく、自分の思いを貫いて生きていこうと思った次第です。

広告を非表示にする