事業会社マーケターの散歩道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

チアフル

Korekore

2011年6月25日(土)。気付きを走り書き。抽象的な内容ですみません。

ーー

他者から見た自分のイメージって実は割と当てはまっているのかもしれません。今後の話をしていた時「その仕事をしているイメージが湧くね」といったやりとりがあった。言われてみれば確かにそうだな、と。好きなことやあこがれが先行すると、ついつい自分のコアの軸や譲れない気持ちのようなものに対して盲目的になってしまう。それに気づかせてもらった。

ーー

こだわりを持ち続けて生きていくことの素晴らしさ。どこかで諦めが生じてしまうと、その後の退化のスピードはとてつもなく早まる。折れないためには毎日1つのことを継続し続ける意思の強さと実行力が大事。それを難なくこなしている人がいる。とても刺激になるし、自分ってまだまだだなと省みることができた。

ーー

「人生一度きりだから、悔いのないように生きていきたい」。チャレンジには大きな不安が伴うもの。だけど進みたい方向性が明確ならば、やってみる価値はある。多分やらないと後々後悔する。私自身も失敗したけど、後悔はしていないし、自分が選んだ道だからと納得できているし。この世には動かないと分からないものの方が圧倒的に多い。

ーー

その人のコアは、過去から今まで生きてきた経験の延長線上にある。当たり前かもしれないけど、突飛な考え方やキャリアの方向性が見えてきた時は要注意かも。なんだかんだで今、そして未来の自分はこれまでの過去の自分に立脚している。そこから大きく踏み外すようなルートになる場合、覚悟だけではなんともしがたい部分がある。

ーー

 

広告を非表示にする