事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

仕事が楽しいと自然に頑張れる

「最初の会社で、社会人としての基礎はできあがるよね」。かつて先輩に言われた言葉です。確かに的を射ていると思っていて、最初の会社は教えてもらえる環境がほぼなかったので、わりと一人で考えて、仕事を作るようにしていました。そういう意味で、指示を待つのではなく自分から動くというスタンスは今も徹底されています。

一方で、出勤形態がフレックスタイム制だったので、朝遅く出社して、夜遅くまで仕事をするスタイルが染み付いていました。今の会社に入るまでは、9時出社できるかなと不安があったのですが、入社してから今まで8時過ぎに出社して仕事の準備時間を確保し続けることに成功しています。

また、なるべく早く帰りたいと思う性格なのですが、今の仕事は全然そんな考えがおきません。もちろん、早く帰れるにこしたことはないのですが、ずっと仕事をしていたいというか、早く会社に行きたいというか、そんな感覚を持って仕事ができています。この感覚は、今の会社に来て始めて感じたものであり、社会人としての基礎を改めて磨き直しているような形になっています。

その理由は「やりたいことができ、自分のレベルアップと会社の成長に貢献できているという実感があり、会社がある程度安定しているから」だと思っています。これは自分が幸せに仕事ができる条件であり、それがあまねく満たされているからこそ、仕事が楽しいと感じることができるのでしょう。社会人としての基礎能力がこれまで以上にぐんぐん上がっていることを実感します。

広告を非表示にする