事業会社マーケターの散歩道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』。競合を真似せず、己を磨く

久々に読書欲がムクムクと湧いてきたので、今週はインプットを多めに。今日読んだのは『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』。読後感を走り書き。 

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

 

 

競合を真似しない。存在意義を高め続ける 

真似よりもオリジナリティ。真似をすると互いの商品価値が下がる。それよりも、自らのクオリティを上げ続け、競合と異なるポジショニングを保ち続けることで、結果として多くの人に選ばれる。

コミュニティーを作る 

サービス提供側の一方的なメッセージを発信しても意味はない。一番はユーザー同士が自由闊達に楽しみ合うコミュニティーを作ること。禁じるのではなく、自由を許容する。これにより自律的なコミュニティーが自ずと出来上がってくる。

付加価値を付ける

ブランドに共感するユーザーには、常に特等席を用意する。中間業者を入れてばら売りするのではなく、常にユーザー(ファン)と密にコミュニケーションを取り、最善のサービスを最前のファンに提供する。プレミアムや付加価値を提供することができれば、ファンを魅了し続けられる。

最後に

これからのマーケティングを考える上でのヒントが満載だ。マーケティングにたずさわる人は、原理原則を勉強できる仕上がりとなっている。戦略の立案や計画で迷った時は、そっと本著を開いてみるといい。きっと、現状を打開するアイデアが浮かんでくる。

広告を非表示にする