事業会社マーケターの散歩道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

Kindleアプリで電子書籍を体験、生活が変わる瞬間

考える
Kindleで本を何冊か買って、iPhone経由で読んでいる。これがとても良い読書体験になっている。

Kindleストアで読みたい本を探し、購入すると、ほぼすぐに手元のKindleアプリに電子書籍が同期される。一度端末に書籍をダウンロードしておけば読みたい時に本が読める。新書レベルの文字量だと、通勤時間などのスキマ時間ですっと読めてしまう。

アプリを開くとわずか数秒で、さっき読んでいた書籍の画面が表示される。この早さが圧倒的に気持ちいい。マーカーやしおり機能も備えているので、あとで読み直したい部分、思考を投資したい文章をサクッとチェックしておける。ペンを取り出すこともなく、片手で一連の読書行動が完結してしまう体験は、素晴らしいというほかない。

この体験に慣れてくると、書籍を保有することそのものが億劫になってくる。書籍はなかなか捨てられず、部屋や収納スペース、カバンの中で場所を取ることになっていた。読み返したい書籍、残しておきたいと思える本は実はあまり多くない。電子書籍は、自分のライフスタイルを最適化してくれる存在だと感じる 

Kindleストアのさらなる拡充が待たれる。「数万冊ラインアップがある中で、読みたいと思う書籍は数冊程度」なんて話を聞いたことがあるが、まさにその通り。現段階で琴線に触れた書籍はわずかに数冊。数十万冊、数百万冊とKindleストアで購入できる書籍の絶対数が増えていくと、今よりもっと素晴らしい読書体験がもたらされると断言できる。

こうなると、俄然7インチタブレットが欲しくなる。iPhoneでは新書くらいの文字数の電子書籍は読みやすいと感じる。一方で、思考を投資しながらじっくりと読みたい書籍は、もっとゆとりのある大きな画面で読みたいと感じてしまう。iPad miniを購入する理由がまた1つ増えてしまったけど、まあいいか。

なんて感じで、Kindleアプリを介した電子書籍体験は、自分の生活をガラっと変えてくれると実感した。同じ感覚を持った時がある。iPhoneを使い始めた時だ。ここ数年で、これだけ自分の生活に影響を与える製品やサービスが出てきている。そのことに驚きを隠せないなあ、などと感じた次第だ。

 

Fire HD 7タブレット 8GB、ブラック

Fire HD 7タブレット 8GB、ブラック

 

 

広告を非表示にする