事業会社マーケターの散歩道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

マーケターとしてのキャリアと初心、寄り道散歩

マーケティングする

ブログの名前を『事業会社マーケターの散歩道』に変更しました。それまでは自分のニックネーム+ブログ名という、特にこだわりのない名前で、日々のよしなしごとを書いていただけでした。

ゴールデンウイークなどのまとまった休みが取れると、自分のキャリアについて必ず振り返りをしています。今日もマーケターとしての仕事を振り返りながら、ふとブログを再開してみようと感じました。

事業会社のマーケターというこだわり

マーケターとしてのキャリアも、少しずつ変化しています。インターネットサービスのマーケティングコミュニケーションから、自社メディアのブランディングというように対象範囲が広まっていて、常に自分のできることを増やしていかないといけない状況です。

その中で、ここ1、2年は自社メディアの運営という仕事をしながら、少しマーケティングとは離れた役割を担っていたように感じます。

どちらかというと広報の役割を務めてきましたが、やはりキャリアはマーケティングに置いておきたい。この仕事を選んだ時に考えたときの想いがどんどんふくれあがってきて、いてもたってもいられなくなったのが今です。

そこで、情報発信をしていた原点に立ち戻ってみることにしようと思います。ブログ名の変更は、自分の立ち位置を改めて明らかにしておこうというささやかな意思表明です。

人生は散歩であるという生き方のこだわり

散歩道、というタイトルにもちょっとしたこだわりがあります。これまでの仕事を振り返ると、自分は目的志向というよりは、その場の変化を求めてさまよい歩くタイプの人間です。

いつもの散歩道をぶらりぶらりと歩きながら、普段の日常を別の角度から見てみて、新しい発見をする。そこに面白みを感じるタイプであり、成果を出していくスタンスだったかなと思います。これは仕事でいうところの「編集」のようなもの。

このスタンスこそ一番自分らしくいられるし、そのやり方を外れてしまうと、多分幸せじゃない。そんな初心をいつでも思い起こせるようなブログ名にしてみました。

気の向くままに散歩していたら、いつのまにか道がひらけ、新しい散歩道に出会った。またこの散歩道を歩く毎日が始まり、そこにあるちょっと見えにくい変化に目を凝らしながら、考え、前に進んでいく。

初心を忘れないために、言葉にしておこうと思いました。

さざなみのような静かな思いをよみがえらせてくれた一冊

マーケターとしての初心は、 ユニバーサルスタジオジャパンの森岡CMOの本を読むと、あふれかえってきます。ちょうど新刊が出ていました。マーケターに向いている人、そうでない人が分かります。

広告を非表示にする