事業会社マーケターの散歩道

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

Weekly Works(2010.1114-1120)

●Writing

 

●Editing

 

●Book Review

 

●My impressions
◆11月特集「新入社員が挑戦! ビジネスプリンタ/複合機の選び方」が無事終わりました。新しい編集部に来てから初めての特集。前編集部とはいろんな意味で勝手が違い、戸惑う部分もありましたが、1つ形として残すことができたので良かったです。取材協力に時間を割いていただいた関係者のみなさまにも感謝。

 

◆注目ニュースとして取り上げたいのは、Twitter「3つの弱点」を克服するクライアントアプリです。TweetMe for iPhoneで定評のあるフライトシステムコンサルティングが、PC用のTwitterクライアントを12月に提供します。

 

GoogleドキュメントやEvernoteなどの主要サービスに加え、Backlog、ランブリン、Kiznaという3サービスを含めた計5サービスを、Twitterクライアントと連係して1画面上で使えるようになるみたいです。Twitterを情報のコックピットにして、自分自身や顧客の情報を管理することができるようになります。

 

特にKiznaは、飲食店「豚組」を運営する中村仁氏が開発に着手しているTwitterクライアントで、CRM的な要素を備えたもの。豚組はTwitter経由で月300万円を売り上げているらしいです(参考『小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力Amazon)』)。そこで培ってきた顧客関係管理のノウハウを、フライトシステムコンサルティングが提供するTwitterクライアントでも応用できるという店で、比較的規模の小さいリアル店舗が実ビジネスとして成果を結びつけるための1手法になるかもしれません。

 

個人的にTwitterは、情報収集ツールとフォロワーのみなさまとのやりとりでおなかいっぱいになっていますが、公式アカウントを運用している企業にとっては、新たな使い勝手を提案してくれそうです。ここにアカウントの分析機能が付いていれば言うこと無しですが、それはまた今後にアップデートされるかもしれませんね。

 

●Daily life
◆家のみかん箱テレビ(アナログ、16インチくらい?)が怪音を発するようになってきたので、満を持してデジタルテレビを購入しました。東芝REGZA、32インチ、お値段はリサイクル費用を含め、5万円強でした。テレビ、いつの間にか破壊的に安くなってますね。

 

基本的にモノに対する執着心がなく、「最低限の機能があればOK」というスタンスなので、安くていいモノがあればいいなあくらいの感覚で電機屋さんに行きました。購入の決め手は想定範囲内の価格+家電にスーパー詳しい友人からの「それでええやん」の一声。カカクコムなどの比較サイトは確認程度に見ただけ。信頼できる人からの口コミの威力はすさまじいですね。

 

◆位置情報サービスは個人情報の観点からまったく使っていなかったのですが、そんなもん使ってみてから考えろというよく分からない勢いが自分の中で生じ、このたび「foursquare」を使うことにしました。実際に使ってみた感想は、店や地域など、自分の記憶からするりと抜け落ちてしまう情報のログ取りに最適だということ。とりあえずFacebookに連係して、行った店の感想などをメモ程度に書き込んでいます。

 

ちなみにFacebookに加えTwitterとも連係しているのですが、Twitterはオープンすぎるので、いずれ連結対象から外すつもりです。Facebookは、基本一度顔を合わせたことのある人しかリンク申請をしていないので、少しパーソナルな情報を出してもいいかなあという感覚で使っています。連係サービスのラインアップが多いFacebookは、ライフログの保存に最適ですね。
広告を非表示にする