事業会社マーケターの散歩道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

週末は一人になろう

日々を記す

この土曜日は久々に家で一人で過ごした。性格上、週に1日は自分だけの時間を確保したいタイプであり、その際に部屋を整理整頓し、心を整えるようにする。洗濯、買い物、布団ほし、部屋の掃除をみっちりとやると、午前なんてあっという間に過ぎ去っていく。

昼は、ランチを食べながら、新聞をじっくりと読み、1週間を振り返る時間を作る。最近外国の第3のビールの味が苦手になってきたので、外国産の瓶ビールをぐいっと飲むと、心は爽快感であふれんばかりになる。

ネットはつけっぱなしにしておき、ブラウザに記憶したToDoを処理し、ブックマークしたWebコンテンツを読む。タスクは貯めずに、絶えずからっぽにすることで、次々と新しい経験や情報を体に刻み込んでいける。後は、読書したりブログを書いたりして、インプットとアウトプットのバランスを整える。至高の時間である。

夜はぶらりと街を歩く。近所には知らない場所がまだまだある。ふと路地裏や近道を見つけると、心が踊る。この街に住んで早5年弱が経つ。人生の6分の1を過ごしたとなると、場所の記憶が身体に残るようになる。それでも、入ったことのない店はたくさんある。街に対する興味関心は、いつになっても尽きない。

家に着くと、43度の風呂に浸かって雑誌を読む。この時期になって、北風が身に染みるようになる。本格的な冬の到来だ。角部屋を選んだがために、冬にはかじかむほどの寒さになる。芯までじっくりと温まり、汗をたっぷりかいて部屋に戻る。ストレッチをして体調を整えたら、心地良い就寝のはじまりだ。0時過ぎに寝る習慣が身についた。今日の朝は7時すぎに目が覚めるだろう。

なんて自由でストレスレスな1日。心の平穏を保つためにも、自分一人の時間を意識的に作ることの大切さを感じる。

広告を非表示にする