事業会社マーケターの散歩道

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

「予算を決め、本当に買うべきかを考え、総額を振り返る」――ライフスキルを高める3ステップ

5月から始めた「ライフスキル」の向上。ムダな支出を抑える生活が大分板についてきたと感じる。

 

まず、毎日の支出総額を記録するようにした。記録して数字で支出を見返すことで、「ムダな支出は締めなければ」という意識が働く。支出に対して「本当に必要な支出か」を考えられる習慣が付き、余計なモノを買わなくなった。

 

次に、1週間当たりの支出予算を決め、財布に入れてしまう。現状、1週間当たり1万5000円を財布に入れていて、それ以上は使わないようにする。予算があらかじめ決められていると、その中でどう生活できるかを考えるようになる。これも、支出を抑えるカギになっている。

 

ムダな支出を大きく占めていたのは「外食費」と「交際費」。簡単な自炊をするようになったことで外食は抑えられているし、交際費は「自己投資」につながるもののみを選ぶようになったことで、割合が下がっている。

 

支出に対して考えるくせがつくと、今までの生活はムダにあふれていたことが浮き彫りになる。その分は資産として上乗せできるし、本当に欲しいと思ったモノが出てきた時の費用に当てられる。結果として、ムダなモノを購入することがなくなり、断捨離の回数も減るなど、良いことづくしである。

 

1週間の予算を決め、本当に買うべきかどうかを考え、毎日の支出総額を振り返る。この3ステップがライフスキルを高めるポイントだ。誰でも簡単に習慣化できるし、無理なく続けて生活を引き締められる。このステップが心地よく感じるようになれば、しめたものだ。

 

ライフスキル」は、この数週間で高まった。小さな目標を設定し、ベイビーステップで始めて「継続と習慣化」のサイクルに載せていく。ほかにも引き締められる分野はたくさんあると思うので、それを見つけて生活をカイゼンしていきたい。

 

貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい