事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

Stinger3のサイドバーに、RSSリーダー「Feedly」ボタンを付ける手順

WordPressを本格的に運用し始めて数カ月。@enjilogさんが作成したWordPressカスタマイズテーマ「Stinger3」を入れてから、ブログ更新がより楽しくなってきた。

 

素のままで使っていても十分実用的なStinger3だが、ちょっと一工夫カスタマイズすることで、よりブログを理想のプラットフォームに近づけられる。今回は、Feedlyの登録ボタンをサイドバーに表示する手順をまとめてみる。

Feedlyとは

Feedlyは、更新したブログをお知らせしてくれる「RSS」を受け取るRSSリーダーだ。Google Readerの提供が中止となり、代わりにFeedlyを使っている人も多いと聞く。自分もGoogle ReaderからFeedlyに乗り換えた人だったりする。

 

気ままに更新しているこのブログだが、それでもRSS Feedに登録してくれている方もいて、ありがたい限り。だったら、きちんとFeedlyの登録ボタンをブログ上でも表示しておき、RSSを使っている方向けにきちんと対応ができればと思ったわけ。

Feedlyボタン設置用HTMLタグを吐き出す

Feedlyのサイトにアクセスする

まずは「feedly. your news. delivered.」のサイトにアクセスしよう。

表示させたいFeedlyのボタンを選ぶ

次にSTEP1に表示されているボタンから、ブログに表示させたいボタンを選ぼう。自分は左上の目立つボタンにした。

WordPressのURL+/feed を入力する

STEP2のURL入力欄に、表示させたいWebサイトのRSSのURLを入力する。WordPressを使っている場合は、URLの末尾に「/feed」と入れるとよい。このブログの場合は「http://yfujimura.com/feed」と入れてみたら、成功した。

表示されるFeedlyのHTMLタグをコピーする

STEP3の部分にボタン設置用のHTMLタグが表示されるので、これをコピーしておこう。タグの上にある「Feedly」のボタンを押して、ブログのRSSがきちんとはき出されていることを確認できれば成功だ。

WordPressのテンプレート「サイドバー」にタグを挿入する

WordPressSidebarテンプレートを開く

コピーしたHTMLタグをWordPressのテンプレートに挿入する。WordPressのダッシュボードから「外観」→「テーマ編集」→「サイドバー」と進もう。 

Sidebarテンプレートを編集する

8行目にある<?php get_search_form(); ?>の下に、</br>と先ほどコピーしたHTMLタグを挿入すると完成だ。

これでサイドバーにFeedlyの登録ボタンが表示される。

最後に

手順をまとめると、FeedlyのWebサイトにアクセスして、ブログのRSSのURLのを挿入して、タグをコピーする。次にWordPressのテーマ編集でSidebar.phpを編集モードにして、吐き出したタグをペーストするという流れだ。

5分ほどでできてしまう簡単カスタマイズなので、RSSを活用してブログの更新を読者に伝えたい方は試してみると良いだろう。

 

WordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠

WordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠

 

 

広告を非表示にする