事業会社マーケターの散歩道

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

見えてきた3つのくらしのきほん:生産性を高める、自動化する、ありたい姿に忠実であり続ける

ここ数年、年始に壮大な目標を立てるということはやっていない。日々の小さな積み重ねが自分の価値観を作ることにつながるし、一発逆転で大きく飛躍することはないと思っているからだ。

去年は自分の「ありたい姿」に忠実に、毎日をていねいに生きることを続けてきた。くらしは毎日が真剣勝負。毎日をていねいに生きることの難しさを知った。やりたいことが特にないことが積年の悩みだったけど、やりたいことが別になくても「ありたい姿」に忠実であることが、日々の生きる原動力になっていった。

続きを読む

2016年「捨ててよかったものリスト」40選

今年は断捨離意欲が再燃し、多くのものを手放した。断捨離は、自分とモノの関係性を問い直すことにつながる。

捨てる行為を通じて「これは本当に、いまの自分にとって必要なものだろうか?」「これをなぜ買ったのか? いらなくなった理由は何なのか?」といった価値観と向き合い続ける。

その流れを通じて「自分が本当にほしいモノ」が明らかになる。これが分かれば、次にものを買うときにもその価値観で判断ができるようになるし、本当にほしいモノでなければ、買うことすらしなくなる。

こうして不要なモノが部屋を占拠することがなくなり、本当にほしいモノだけに囲まれたくらしができるようになる。

 今年の断捨離で手放したものを、記録し続けていた。その数、40ほど。手放す際に生じた感情は、いまも頭のなかにしっかりと記憶されている。モノをなくしても、モノに対する思い出は消えないことを知る。ちょうどいい機会なので、手放したモノを振り返ってみよう。

続きを読む

水沢ダウン、君に決めた。10年間いっしょに暮らそう

クリエイティブな消費。水沢ダウンをついに、ついに買った。数年前からのどから手が出るほど、欲しくて欲しくてたまらなかった一品。つい毎年機会を逃して、購入できていなかった。

ダウンが欲しくなるのは、いつも夏が終わるころ。先日長野県に訪れた時に、秋雨がザアザアと降る中で、秋の訪れを確かに感じた。冬はもう、確実に迫りくる。

ふとTwitterで水沢ダウンと検索してみると、東京の新丸ビルデサントブランが新店舗として展開し始めたことを知る。代官山にまでいかなくとも、水沢ダウンを購入できる店が近場にできたのだった。

続きを読む

コンテンツ企画4年→マーケティングコミュニケーション3年→ブランディング3年のキャリアの先に何があるのか?

これまでの自分の仕事内容を振り返ると、「編集→マーケティングコミュニケーション→ブランディング」という道をたどってきた。業務範囲が徐々に拡張し、コミュニケーションで解決すべき領域が「コンテンツ→製品・サービス→事業戦略」と変わってきている。

続きを読む

クリエイティブな消費とは。くらしを豊かにするために、過去にない新体験に躊躇なく投資すること

糸井重里さんの言葉で「クリエイティブな消費」というものがあった。たぶん『インターネット的』の中で語られていたのだが、その内容はすっかり忘れてしまった。

ただ、この言葉が妙にひっかかって離れない。いま、自分が感じている問題意識めいた何かに通じるものがあるからなのは間違いない。

クリエイティブな消費とは、消費をクリエイティブにすること。少し言葉を足して自分なりに解釈すると、消費活動を創意的にするといったところ。

まだ答えめいたものは出てこないので、逆から考える。クリエイティブではない消費ってなんだろう。

続きを読む

フリーテルREI(麗)を数カ月使ってみた。発熱以外に不満点はなく、価格相応の使用感。HuaweiのMediaPadとの2台持ちへ

フリーテル麗を使い始めた

iPhoneをずっと使っていたけど、高機能さのわりにその機能を使いこなせていない、もっというと持て余している感覚がずっとあった。通話をしない、音楽は特に聞かない、iTunesは使わない、映像も見ない。幾つかのソーシャルアプリと仕事用のアプリが使えて、Instagramに投稿する写真を撮影するくらいしかスマホを使わない人にとって、iPhoneは明らかにオーバースペック。だったら用途に合うスマホを持ちたい。それくらいの気持ちで選んだのが、フリーテル麗だった。

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (メタルシルバー)

【ジャイロセンサー搭載】FREETEL REI 麗 (メタルシルバー)

続きを読む

キャリアに正解も最適解もない。変わることを前提に変化を受け入れ、楽しむしかない

いつになっても、正しいキャリアなんて存在しないし、迷いも生じ続ける。おそらく40歳になっても、50歳、60歳と年を経てもそれは同じなんだろう。

社会人歴10年目、あらためてDecadeとしてこれまでの仕事や知らぬ間に築いてきたキャリアを振り返ってみた。10年前の自分に問いかけたところで、このキャリアを想像できたはずはない。

続きを読む

思考の言語化から逃れられないマーケターなら、Google音声入力は必ず味方になってくれるはず

f:id:saicolobe:20160505180123j:plain

マーケッターがプロモーションを考え、実行する時に逃れられないのが、企画やコンテンツを作ること。それを媒介するのは言葉である。

企画を作るのに言葉を使うし、実際に作った企画を形にしていくまでに何度も文章を書き上げていく。Webコンテンツに関する企画であれば、言葉の重要性が一段と増すことは想像に難くない。

マーケッターは常に言葉とともに仕事にする。マーケティングコミュニケーションの仕事をしたことがある人なら誰でも、その事実に何度も向き合うはずだ。

思考と文字化を極限まで近づけたい人が外せない「音声入力」

続きを読む

マーケターは「すべての仕事はクリエイティブディレクション」と定義付けることが重要かも

『すべての仕事はクリエイティブディレクションである』がマーケター向けの本として、とても参考になる。良いと思った点を引用と感想を中心にまとめてみる。

課題→アイデア→実行のプロセスを生産し続けられるか?

クリエイティブディレクションはすごく汎用性があり、ほぼ全ての仕事に応用可能であることが証明される予定である。何をする仕事なのか。「課題→アイデア→エグゼキューション」。この方程式のすべてを考え、決定し、実行するのがクリエイティブディレクションという仕事である。

続きを読む

HHKB BTは、コードを書かずに文章を書く人にも最適。文章が書きたくて書きたくてたまらなくなります

Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列」を購入。文章を作る、編集する仕事をずっと続けてきて、歳を重ねるごとにキーボードへのこだわりが強くなってきた。これまでは1万円に満たない安物のキーボードを何本も買い、そのたびに「より良いキーボードはないか?」と暗中模索を繰り返してきた。

Realforceに出会ったのは2年前。Realforceの中でも一番安いモデルを購入し、それなりに使用感には満足していたが、最近になって「合わなさ」を感じるように。具体的には、キーを打ち込む際に重さを感じるとともに、ミスタップが増えるようになっていった。打鍵感もより軽く、最上のものを、という欲が出てきた。

fzm.hatenablog.com

自然と次のキーボードの選択肢は、Realforceの上位機種かHHKBに絞られてきた。逡巡しているタイミングで出てきたのが、Bluetooth接続できるHHKBである。職場ではMicrosoft SurfaceMacBook Airを併用しているので、自然とBluetooth接続できるキーボードが欲しいと思っており、購入に至った。

そんな経緯で手に入れたHappy Hacking Keyboard BTの使用感をまとめておく。29700円と決して安くはない買い物だったが、価格以上の満足感を得ることができた。Amazonで購入したら次の日に届きましたよ。

打鍵がとにかく気持ちいい、五感を刺激してくれるキーボード

続きを読む