事業会社マーケターの散歩道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

池袋のベジポタつけ麺「えん寺」。この味、正義以外の何物でもない

お店で食べる

https://instagram.com/p/nPWh1Gu8lW/

新宿や高田馬場と比べて、普段はあまり行くことがない池袋。ラーメン激戦区で食べログなどを見ていると、行きたいラーメン店がわんさか出てくる。今回は知人とともに池袋のベジポタつけ麺「えん寺」に行った。

つけめんよりもラーメン派な自分ですが、今回はオススメのつけ麺をじっくり堪能することに。麺は2種類から選ぶことができるらしく、お勧めの「胚芽麺」を選択。

はい、来ました。見るからに濃厚なスープで食欲そそられる。ベジポタことベジタルポタージュのスープを見るだけで、もう食欲MAXですよな。

https://instagram.com/p/nPWjlyu8lX/

まずはスープを一口。うん、まちがいないやつ! どうしてベジポタはこんなにうまいのだろうか。こってりしているんだけどあくまでもベースが野菜なので、あっさりと口の中から胃にスープが進む。

胚芽麺という麺も良いですな。小麦の味がしっかりと麺に伝わっていて、スープと合わせて首尾一貫優しい味を演出してくれている。この麺とスープを何度も絡ませられること。「幸せ」以外の何という言葉で表現することができるだろうか。

つけ麺系はスープが残ってしまうことが常なんだけど、このえん寺のつけ麺はほぼスープが残らなかった。それだけ麺とスープを何度も絡ませて食べられたということだろう。

スープを飲み干すと太るかもしれないという恐怖もあった。でもその恐怖をものともせず飲み干してしまうスープの美味しさ、これは正義以外の何物でもないでしょう。

ああ、ベジポタつけ麺って最高のジャンルだな!

広告を非表示にする