事業会社マーケターのさんぽ道

事業会社のマーケッターがメディアやブランディングについて寄り道散歩。

西新宿の神ラーメン? 「麺屋 翔」の香彩鶏だし塩ラーメンを食してみた

さあ、週に1度の楽しみ「ラーメン食歩記」の時間である。

最強のつけめんがあると聞いて、西新宿のラーメン屋「麺屋 翔」である。ツレが何度か食べており、最強のつけめんであるとのこと。

事前にこちらのロケットニュース24の記事「【グルメ】驚異のラーメン屋『麺屋 翔』の塩ラーメンはすべてが完璧 / 同業者が絶賛する恐ろしいほど完璧な味は「神の領域」へ」も読み、準備万端で行きましたよ。はい。

https://instagram.com/p/jnXvXDu8pN/

Instagram

お店の門構えはこんな感じで、土曜日の夜の部は17時から開店している。18時に到着し、数分の待ち時間を経て席につく。

元来からのラーメン派であり、まずはラーメンを食べてみないと始まらないでしょうというテンション。「香彩鶏だし 塩ラーメン」の大盛り850円をチョイスしてみた。大盛りの量は240グラムだけど、普通のラーメン屋の中盛くらいなイメージです。

https://instagram.com/p/jnX1LRu8pY/

Instagram

10分ほど待ってご対面! まず透き通って美しいスープに視線を奪われる。見るからにさらさらのスープで、最近よく食べていたこってりドロドロ系のラーメンとは対極にある。

スープを口に運ぶ。うん、鶏の味がじわっと口の中に広がってきて、すっきりなのに濃厚。これはとても良い味だぞ。間違いない。

https://instagram.com/p/jnXzh4O8pT/

Instagram

そして麺をズズッと口に運ぶ。なるほど、細くて食べやすい麺が深い味わいのスープとバランスよく絡まってうまい。こてこてのラーメンをがっつり食べたい、というよりは飲みの後の締めとしてこのラーメンを食べると良さそう。

ロケットニュースで言われていた「神の領域」の味という感想ではなかったのだが、これはいろんなラーメンをもっとたくさん食べることでいつの日か気づけるようになるはずだ。

という感じで完食! 次の来店時は、知人が舌鼓を打ちまくっていた「つけめん」を心ゆくまで楽しむ予定です。

広告を非表示にする